小浜正寛

小浜正寛 (こはま・まさひろ)

アート・パフォーマー(ボクデス)/ 俳 優
生年月日:1967年12月17日
出身地:神奈川県 / 身長:176.5cm / 体重:59kg
資格・免許:普通自動車免許 / 特技:指ダンス、卓球、早食い
ボクデス 公式サイト:http://www6.plala.or.jp/BOKUDEATH/
最新情報

プロフィール

 1991年より92年まで劇団「パラノイア百貨店」に在籍。同劇団解散後の93年より、劇作家・宮沢章夫氏主宰「遊園地再生事業団」公演に定期的に出演。その感情をぎりぎりまで抑制したミニマムな演技術は、「静かな演劇」の旗手である宮沢氏のもと、この時期に鍛えられた。  俳優活動と並行し、2001年より、アート・パフォーマー「ボクデス」として、構成・演出・出演を兼ねるソロ・パフォーマンス作品の発表をスタート。リアルな身体行為に、シュールなアニメーション映像&オブジェがミックスされたグルーヴ感溢れるダンスが話題を呼び、本来、現代アート作家に贈られる「キリンアートアワード2001」にて奨励賞を受賞。振付家としても国内外のコンテンポラリーダンス作家が集う「旧バニョレ国際振付賞横浜プラットフォーム」「TOYOTAコレオグラフィーアワード2006」に選出される。また、テレビ「たけしの誰でもピカソ」にも出演し「アートバトル」では数回、チャンピオンになる。  近年は、メディア・アートパフォーマンス集団「ニブロール」や、アルベールヴィル冬季オリンピック開会・閉会式を演出したフランス人演出家フィリップ・ドゥクフレ氏の日本・フランス・中国国際共同製作「IRIS」に出演し、国内はもとより、アメリカ、フランス、スペイン等、海外数ヶ国で公演を行い、高く評価される。  現在は、芝居、パフォーマンス、ダンスといった舞台作品を中心に、CM、テレビ、映画等にも出演。また、コラム執筆、雑誌構成、企画と多方面に活躍中。"踊れるけどさっぱりした演技" で、日本での活動を本格的に再開。

舞台・イベント
パラノイア百貨店公演 (1991〜1992)
悪人会議「ふくすけ」(1991)
大人計画部分公演「殴られても好き」(1992)
遊園地再生事業団公演
「ヒネミの商人」(1993)
「砂の国の遠い声」(1994)
「箱庭とピクニック計画」(1994)
「知覚の庭」(1995)
「スチャダラ2010」(1996)
「あの小説の中で集まろう」(1997)
「おはようと、その他の伝言」(1999)
「トーキョー・ボディ」(2003)
NAS「シェーン、ほか2本」(1997)
TBプラネット「コラソン!」(1998)
宮沢章夫プロデュース「alt.」(1998)
スーパータンクプロデュース
「死の棘・1999」(1999)
桜井圭介プロデュース
「神楽坂ダンシング・オールナイト!」(2000)
ニブロール
「東京第二市営プール」(2000)
→ 東京・フランス 他
「駐車禁止」(2000〜2002)
→ 東京・フランス・サンフランシスコ 他
「日の丸ノート」(2002)
ボクデス
「フライング・ソーサーマン」(2001)
→ キリンアートアワード2001奨励賞受賞 
「フライング・ソーサーマン・ハイ」(2001)
「ムニャムニャ君」(2002)
「BOKUDEX」(2002)
「河童次郎シリーズ」(2003)
「ボクデスの『メガネデス!』」(2005)
「親指商事・営業課」(2005)
「エア人間関係」(2006)
「メカデス」(2007) *五月女ケイ子と共作
「紙とロックwith peace」(2007)
フィリップ・ドゥクフレ国際共同製作
「IRIS」(2003〜2004)
→ 横浜・フランス・スペイン・ルクセンブルグ 他
ペンギンプルペイルパイルズ公演
「246番地の雰囲気」(2004)
「Holy Night SPECIAL」(2005)
「The Very Best of AZUMABASHI」(2007)
RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO 2005
ダンスがみたい!7「ボクロール」(2005)
イメージ・フォーラム・フェスティバル (2006)
トヨタ・コレオグラフィー・アワード
〜 nextage (2006)
大阪ショートプレイフェスティバル 2006
大阪ショートプレイフェスティバル 2007
HARAJUKU PERFORMANCE + (2007)
城山羊の会プロデュース/山内ケンジ 作・演出
「新しい橋」〜le pont neuf〜 (2008)
えずこダンスクロッシング (2008)
せいこうナイト with ADX (2008)
大日本プロレス×シェイクスピア「リア王」(08)
金沢ダンスクロッシング (2008)
男子はだまってなさいよ!(6)
「男子はだまってなさいョ!全員集合」(2009)
しりあがり寿 PRESENTS
「新春!(有)さるハゲロックフェスティバル'09」
吾妻橋ダンスクロッシング presents
ボクデス・ソロパフォーマンス・ベスト・ライブ
『スプリングマン、ピョイ!』(2009)
大日本プロレス×シェイクスピア
「ロミオ vs ジュリエット」(2009)
吾妻橋ダンスクロッシング (2004〜)
たけだあき遅刻 第2回公演「それで、」(2010)
男子はだまってなさいよ!(7)
「天才バカボン」(2010)
第3回 ダンス・コミュニティ・ファーラム
「We dance 2011」
番外編/ハイネ・アヴダルと篠崎由紀子
「Field Works-office」(2011)
都市空間におけるダンスコラボレーション
プロジェクト (2011)
「Borrowed Landscape-Yokohama (横浜借景)」
日本短編舞台フェス「PLAY PARK 2012」(2012)
Borrowed Landscape -Yokohama #2
「横浜借景」(2012)
遊園地再生事業団#19「夏の終わりの妹」(2013)
映 画
「くまちゃん」(1994/小中和哉監督)
「赤い鯨と白い蛇」(2006/せんぼんよしこ監督)
「A DAY IN THE LIFE」(2006/浅野晋康監督)
「このすばらしきせかい」(2006/沖田修一監督)
「ROBO☆ROCK」(2007/須賀大観監督)
「築地魚河岸三代目」(2008/松原信吾監督)
「クライマーズ・ハイ」(2008/原田眞人監督)
「愛のむきだし」(2009/園子温監督)
南極料理人」(2009/沖田修一監督) 平林役
「プラチナデータ」(2013/大友啓史監督)
構成・演出作品、執筆 ほか
主な舞台 )
宮沢章夫プロデュース
「alt.2」(1999)、「alt.special issue」(1999)
ボクデス名義作品 (2001〜) ※出演作品欄参照
主な展示会 )
キリンアートアワード2001受賞作品展
芸術道場グランプリ MOTスカウト作家展
(村上隆プロデュース)
「横浜トリエンナーレ2005」
主な雑誌・企画 )
TECH-win (エンターブレイン)
STUDIO VOICE (インファス)
バッカス(論創社)
流行通信 (インファス)
STUDIO VOICE (2007年9月号)
"VOICE of VOICE" にてコラム執筆
BT/美術手帖 (美術出版社)
TVブロス (東京ニュース通信社)
STUDIO VOIVE (2009年3月号)
"SINGULAR DIALOGUES"にてインタビュー掲載
C M
マンパワー・ジャパン
NTTコミュニケーションズ「アークスター」
日本コカコーラ「ファンタレモン」
ENIX「ドラゴンクエスト7」
Sony Play Station 2「エクスターミネーション」
ベネッセ「こどもチャレンジぷち」
大塚製薬「ポカリスエットステビア」
住友銀行
ツーカーホン関西
JR西日本
SONY「ハンディカム」
スタッフサービス
「体によく効くスタッフサービス篇」
ヘーベルハウス「SORAKARA篇」
ブルドッグソース「和風玉ねぎソース」
P&G「ファブリーズ・子ども目線篇」
アリコジャパン「元気によくばり保険」
東洋水産「昔ながらの中華そば」
ライオン「ストッパ下痢止め」間に合わない篇
BIG (宝くじ)「BIGの神様」夢の6億へ編
財団法人NHKサービスセンター
BSデジタル推進スポット「BSデジ樽」篇
BS日テレ十周年キャンペーン(ボクデス)
ミツカン「食酢」やるじゃん!すし酢 (2010〜11)
じゃことかいわれのプチどんぶり篇
豚のプチどんぶり篇
サントリー「-196℃チューハイ」
製法の唄篇 (2011)
コーワ「プチウナコーワ」(2011)
Mobage(モバゲー)by DeNA
「進撃のバハムート」(2013、2014)
NTTグループ「つなぐ。未来と。」(2011〜2013)
ジャパネットたかた「利益還元祭」(2013)
ヘーベルハウス
「二世帯住宅はヘーベルハウス」編(2014)
So-net「NURO 光」〜ダウンロード編〜(2014)
JAL「秋休み一人旅」編(2014)
集英社「ナツイチ2015」(2015)
メガネの田中「メガネ生活、変わる」編(2014〜)
NTT東日本「光と小学校」篇(2015)
エステWAM「シェイプアップミラー」篇(2015)
ACジャパン 2015年ACジャパンキャンペーンCM
「やわらかいこころを持ちましょう」(2015)
日本和装「習得した女」篇(2017)
ウイダーinゼリー 「瞬間移動」篇(2017)
テレビ
「新し者」(TBS)
「TRAP TV」(CX)
「恐怖の風景」(CX)
「マエストロ」(CX)
「いとしの未来ちゃん」(ANB)
「たけしの誰でもピカソ」(TX)
「芸術劇場」(NHK教育)
ドラマ「拝啓、父上様」(CX)
ドラマ「どんど晴れ」(NHK)
ドラマ「おじいさん先生」(NTV)
「スペシャ・ボーイズ・ジャパン」(SSTV)
ドラマ「おシャシャのシャン!」(NHK)
ドラマ「ロス:タイム:ライフ」
特別版 (2008/CX)
ドラマ「おせん」第7話 (2008/NTV)
ドラマ「Around 40」第9, 11話 (2008/TBS)
「えいせい魂 シーズン2」"勃起BAR" (2008/BSJ)
ドラマ「後楽園の母」第1話 (2008/N-ON!)
「TOKYOブレイクする〜!」(2008/BS11)
ドラマ「あんどーなつ」第6話 (2008/TBS)
大河ドラマ「篤姫」 三条実美 役
第38回、第39回 (2008/NHK)
日曜劇場「SCANDAL」巡査長・甘利俊樹 役
レギュラー (2008/TBS)
ザ・プロローグぬくみ〜ず7完結編「北京飯店」
(2008/CX)
ドラマ「魔女裁判」第1, 2話 (2009/CX)
ドラマ「臨場」第7話 (2009/ANB)
「ハンチョウ神南署安積班」13話 (2009/TBS)
大河ドラマ「龍馬伝」2話 (2010/NHK)
「特上カバチ!!」3、4、8、9話 (2009/TBS)
ドラマ「チェイス国税査察官」(2010/NHK)
連続ドラマW「パンドラ2 飢餓列島」
第4話 (2010/WOWOW)
「絶対零度 〜未解決事件特命捜査〜」
第5話、第6話 (2010/CX)
「三代目明智小五郎 〜今日も明智が殺される」
(2010/第7話/TBSほか)
日曜劇場「獣医ドリトル」第1話 (2010/TBS)
「検事・鬼島平八郎」第3話 (2010/ABC)
「スクール!!」第5話 (2011/CX)
金曜ナイトドラマ「犬を飼うということ」
準レギュラー (2011/ANB)
日曜劇場「運命の人」(2012/TBS)
「理想の息子」(2012/NTV)
ドラマ10「はつ恋」(2012/NHK)
山下准教授役(第1話、第2話)
「リッチマンプアウーマン」
第1話 (2012/CX)
パナソニック ドラマシアター
「宮部みゆきミステリー パーフェクト・ブルー」
(2012/TBS)
「TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜」
第6話 (2012/CX)
秋のドラマ特別企画 (2012/TBS)
「リセット〜本当のしあわせの見つけ方〜」
パナソニック ドラマシアター
「ハンチョウ〜警視庁安積班〜」第6話 (2013/TBS)
木曜ミステリーシアター
「お助け屋☆陣八」第1話 (2013/YTV)
「リアル鬼ごっこ THE ORIGIN」
(2013/テレ玉、チバテレ、tvk 他)
テレビ未来遺産“終戦”特別企画
報道ドラマ「生きろ」〜戦場に残した伝言〜
(2013/TBS)
「ダンダリン 労働基準監督官」第1話 (2013/NTV)
「ミス・パイロット」最終話 (2013/CX)
「ハードナッツ」 (2013/BSプレミアム)
「刑事の証明7」 (2014/テレビ東京)
「アリスの棘」 (2014/TBS)
「ほっとけない魔女たち」 (2014/フジテレビ)
「花燃ゆ」 (2015/NHK)
その他
真心ブラザース PV「流れ星」
デジタルラジオ放送「のぐおのくちびるアワー」
JR東日本イベント「ミステリアス信州」
(1996〜1998、2002)
大田クルーと温水洋一 PV
「マハラジャスーパースター」(2006)
短編ドラマ集「ザ・プロローグ ぬくみ〜ず7」
"北京飯店" WEB配信+DVD(2008)
冨田ラボ PV (3rd ALBUM "Shipahead"/2010)
「ペドロ〜消防士と潜水夫 feat. 佐野元春」